沖縄と大阪のフライト

沖縄と大阪を結ぶフライトなら、まずピーチを考えてみるのはどうでしょうか。

ビジネス視点で尾瀬温泉の特徴をご紹介するサイトです。

ピーチは大阪関西空港を拠点の一つとしていて、沖縄空港との路線もあります。

フライト本数も1日に4便程度と十分に充実していると言えるでしょう。

もちろんピーチの最大の売り物はその値段の安さです。

予約状況によって値段も変動するのですが、だいたい片道で1万円から1万5千円程度、高くても2万円程度です。

大手の航空会社が片道で3万円以上するのに比べるとほぼ半額程度か、それ以下で旅行できることも十分にあります。



格安航空会社ということでサービスに問題があるのではないかと思う人もいるかもしれません。


確かにその点は否定はできませんが、しかし片道で1万円やそれ以上にも相当するような価値に見合ったサービスの差があるとは到底考えられない人も多いでしょう。そもそも沖縄と大阪のフライト時間はせいぜい2時間半ほどであり、大手航空会社であっても機内食が出るわけでもなく、サービスを充実しようにも全く限界があるのです。



注意しておくことがあるとすれば、フライトの変更の可能性があるのかどうかということや、機内持ち込みではなくスーツケースのような大型の荷物を預ける必要があるのかどうかといったことくらいでしょう。どちらも、ピーチだから不可能というわけでは決してなく、別途手数料を支払ったりすることで十分対応可能ですし、初めからそれが可能な運賃というのも発売されています。